リレー小説 春巻のターン! 鬼ヶ島へ

「あっお供っぽいのきてますよ。」

ルーカスが港を指差す。

「我はキングホーンなり!鬼ヶ島へと馳せ参じた!」

なんだか甲虫を思わせる姿の生物はそう名乗る。

「僕はマッド!マッドスネークだよクケケ」

蛇のような生物はそう笑う。

そしてとげとげした不思議な生物は無言だった。

「ねぇ。こいつら斬っていい?」

「ヴィダルさんそれはまずいです。せっかくきてくださったんですから。」

ルーカスが止めに入る。

 

「とりあえす鬼ヶ島行きの港へ行きましょう。どこだろうなぁ……。」

三匹と二人は鬼ヶ島行きの港を探しに歩く。

そして信じられないものを目にした。

 

「ねぇ。鬼ヶ島って鬼ばっか住んでるってたしかきいたんだけどさ……。」

ルーカスに同意を求めるヴィダル。

「これは……。一体……。」

そこには、おいでませ鬼ヶ島と書かれた看板が立っていた。

ルーカスは絶句する。

三匹も不思議そうに唸る。

そこに船頭が現われ、こういった

「鬼ヶ島行きかい?乗っていくかい?」

 

 

 

 

続きは

ロージェイドさん

jenoderk0117.hatenablog.com

にて!