野球大会編 序章

 とある昼下がり、ダズラ王国王宮の執務室にてスヴァ=ローグは面倒くさそうに日々の執務をこなしていた。
「ふむ。マデラ橋が大雨で落ちたから新しいのを建てたいと……ええい。この程度の些事を王たる我にまで上げるとはまったく文官は何をしておる。」
 苛立ちをはき捨て判を押し次の書類に目を通す。
コンコンとノックの音が部屋に響きスヴァ=ローグはドアに目を向けた。
「お嬢様。お茶のご用意ができました。少々休憩をとられては?」
 紅茶と茶菓子の乗ったトレイを持った、体格の良い壮年の執事が休憩を促しに現れた。
「爺か。面倒くさい仕事ばかりで飽き飽きしておったわ。茶を頂こうか。」
 額にねじくれた二本の角を持ち、黒い白目を持つ――サターニア種の執事は目を細める。
「全く。お嬢様は国家の主なのですから面倒くさい仕事と言わずにやらねばならぬのですよ。ひとまず休憩にいたしますか。」
 この王をお嬢様呼ばわりする執事は、スヴァ=ローグ王直属の特殊部隊“武装執事隊”の隊長を務め、武装執事隊第一席の座に座すセイ=ロンという古強者だった。
前王スヴァ=ロギッチの頃よりスヴァ家に仕え続け、良き参謀として、良き執事として、また良き師としてスヴァ=ローグのサポートをしていた。
 ティーポットよりお茶を淹れ、花をかたどった可憐な形の茶菓子をテーブルに並べる。
「ほう。今日は天空茶か。香りが違うな。」
 うれしそうにスヴァ=ローグは紅茶を手に取り香りを楽しむ。
「お嬢様は天空茶がお好きでございますからね。お菓子もルラ高地より取り寄せたものです。中に小豆の甘いペーストが入っておりますよ。……それよりもです。何時になったら先日お話になっていたクレス王国との野球大会の招待状を送っても良いのでしょうか?」
「うっ……悪かった。懇意にしている賞金稼ぎらも集めて野球大会をするのであったな。もうクレス王国に送ってよい。日時はそうじゃな、獅子の月3日の休息日でよかろう。スケジュールの調整は任せたぞ。」
 ぺこりと頭を下げてセイ=ロンは満足げに微笑んだ。
「野球大会は我々武装執事隊も楽しみにしておりますからね。ヌワラ等は若い頃を思い出すと言ってそれはもう張り切っておりますよ。」
「そうか。ヌワラは若い頃は半神の1番であったな。俊足は衰えてはおらぬだろうな?」
 にやりと武装執事隊第二席のヌワラ=エ・リヤを思ってスヴァ=ローグは笑う。元プロ選手が居るというだけで国家同士の野球大会の勝率が上がるからだ。
セイ=ロンも悪そうな笑顔を見せながら返す。
「お嬢様もご存知でしょう。もう150を過ぎたというのにヌワラの素早さといえば、若手も居るというのに武装執事隊随一でございますよ。」
「そうだったな。ヌワラの機敏さは衰えを知らぬな。我が勿論ピッチャーであろうな?」
「そうでございますとも。わたくしはキャッチャーを勤めさせて頂こうと存じます。あとはそうですな。武装執事隊は全員参加の方向でスケジュールを詰めさせようと存じますよ。」
「ほう!全員集まると言うのか。こちらのチームは勝ったも同然ではないか。」
 武装執事隊が全員集まるという報告を聞き、スヴァ=ローグは驚きと喜びで声を弾ませた。
「しかしですな……。クレス王国には体力の化け物のフギンケニッグ家と例の孤児院がありますからな。油断なりませぬ。」
「そうか。あの武装集団といわれておる黒の貴婦人の孤児院じゃな……。あそことフギンケニッグ家はまずいな……。」
 セイ=ロンは困った様子のスヴァ=ローグを見て嬉々として話を続ける。
「こちらは武装執事と有翼人と、例のフギンケニッグの家出娘がこちらの国で賞金稼ぎ登録をしておりますので呼ぶ予定でございます。ほら。例の赤の魔女と呼ばれている賞金稼ぎでございますよ。」
「おお。そうじゃったか。しかしクレス王国に帰せと向こうから言われかねまい?」
「あのフギンケニッグ家なら放って置くでしょうな。なにせ野蛮人と名高い貴族でございましょう。現頭首のドラウプニル公も若き日は大陸中をほっつき歩いていたそうですし大丈夫でございましょう。我がダズラで賞金稼ぎ登録をしているのなら我がダズラの戦力でございます。」
「頼もしいのう。我も楽しみになってきたわ。そうじゃ。ブルペン練習をせぬか?ボールとグローブを用意せい。」
 うきうきとした様子で仕事を放りだしてブルペン練習をしようとするスヴァ=ローグにセイ=ロンはぴしゃりと言う。
「いけませぬ。本日の執務が終わったあとでしたらお相手いたしましょう。」
「爺はいつも厳しいのう……。仕方ない。早く仕事を済ませるから終わったらブルペン練習だぞ?」
 渋々ながら仕事に戻るスヴァ=ローグを見てセイ=ロンは微笑む。
「はい。お嬢様。楽しみにお待ちしておりますよ。」
 そういってセイ=ロンは部屋を後にした。それを見てニコニコと笑いながら書類に向かい出したスヴァ=ローグはつぶやいた。
「獅子の月三日が楽しみじゃのう。」
 

 

 

 

 

 

久々の更新です!

補足説明ですがクレスダズラ大陸のサターニア種は長命で200歳から250歳近く生きます。肌は皆浅黒く、角の形は家によって違います。

サターニア種が支配階級に多いので武装執事隊はほぼサターニア種で占められています。

あとセイ=ロンさんはこんな感じ。

f:id:haru1792:20170708105408j:plain

 

あと落書き

f:id:haru1792:20170708105436j:plain

 

ゆっくり野球大会書いていこうと思います!